ゼニカルで最後のダイエット!

幼児期肥満は家庭の問題・ゼニカルと酵母でダイエット

幼児期の肥満は、家庭生活が原因の場合が多いです。
親が肥満だと子どもも肥満しやすくなる傾向が高いです。なぜなら、食べる量が日常的に多い、太りやすい食べ物が多い、運動習慣がない、などの問題が高確率で起こるからです。
幼児期の肥満が家庭生活にあるとしたら、子どもよりもまずは親が生活習慣を見直す必要があります。親が太っていないけれども子どもが太っている場合は、心の問題から食べ過ぎてしまう、現代っ子に多い運動不足が祟っている、などが原因の可能性があります。
幼児期に太っていると、大人になってからも肥満しやすく、痩せにくくなります。なるべく早い時期に改善するようにしましょう。
ダイエット方法は色々あります。大人のダイエットでは、ゼニカルという薬を使ったダイエットもあります。ゼニカルは脂肪吸収を阻害するダイエット薬で、脂っこい食事が多い人に適しています。ただし、幼児には適しません。安全性が確認されていませんし、子どもの頃からゼニカルのようなダイエット薬に頼る考えを身につけてしまうのは問題があります。
食事系では、ビール酵母ダイエットという方法があります。ビール酵母入りのヨーグルトを食べる方法で、お腹が満たされて自然に食べる量を減らすことができます。脂肪燃焼を促し、便秘解消効果が期待できるというメリットがあります。ビール酵母入りヨーグルトは食事と置き換えたり、食事の前に食べればOKです。
作り方は、プレーンヨーグルト90gに粉末ビール酵母5を加えるだけです。1回に食べる量は180gまでとします。
美容や健康効果が期待できますが、ビール酵母には独特の苦味があるので、最初は違和感を感じる可能性があります。慣れるまではフルーツを入れるなどして味を整えてあげると良いです。カロリー0の甘味料を使っても良いでしょう。